管理部門の求人に強い転職エージェント『Spring転職エージェント』を利用して

管理部門の職種も様々ありますが、希望職種がいわゆる事務職系の部門の場合、そういった求人に強い転職エージェントがあります。

経理や人事、総務や法務といったいわゆる管理部門での転職活動を成功させるためには、大切なポイントがいくつかありますので、しっかりとまとめておきましょう。

 

  1. 今までの経歴から即戦力となれる部分の洗い出し
  2. 業務であげた成果や改善点などを具体的な数値にしてアピール
  3. コミュニケーション能力
  4. 調整能力や臨機応変に対応できる順応力
  5. 保持している資格、またはこれから取得予定の資格

 

総務・人事・法務・経理といった管理部門の採用は、だいたいがすぐに即戦力として高いスキルを持った人が求められている場合がほとんどです。過去の業務経験や専門性も期待されることも多くあります。そのため、管理部門で転職活動を有利に進めたいのであれば、上記のような項目をしっかり自分の中で把握し、アピールする必要があるといえます。

 

また、管理部門は業務範囲が大きくなったり、業務内容の境界線が曖昧になる場合もよくあることです。これは会社の方針や企業の規模などによって、大きく異なる為に求人情報だけで見る表面的な情報は、参考程度に見ておくようにしましょう。
実際に任される業務範囲は、転職エージェントの担当者にしっかり質問したり、企業の情報などをチェックして、自分自身が把握しておくことが大切です。

 

企業の中には、総務と人事が同じ部署として機能している企業もあれば、人事部の中にも、採用担当、教育研修担当、といった形で細分化されている企業もあります。大規模な企業ともなれば、採用担当の中にも新卒と中途、障碍者雇用など、細かく分かれていることもありますから、求人情報の詳細についてはしっかり確認しておくべきでしょう。経理関係の仕事も同様です。大手企業になればなるほど、任される仕事は細分化され、更に高い専門性が求められるようになる傾向にあります。

 

その反面、中小企業やベンチャー企業では、管理部門の仕事はほとんどひとまとめにされており、一人で請け負う業務範囲は多岐に渡ることになるでしょう。浅く広くマルチプレーヤーとして、臨機応変に適応できる能力とそれに順応できる能力が求められます。管理部門の仕事は職種の名称が同じだとしても、企業によっては業務範囲が広くなったり、その逆で細分化され高いスキルが求められる専門的な業務範囲となったりと、様々です。

 

ですから、転職エージェントには自分自身が希望する職種、業務範囲を正確に伝えることが重要なポイントとなります。また、応募先の企業が求めている業務についても、正しく理解する事が大切になります。管理部門の転職にありがちなのが、企業と応募者の業務内容や業務範囲のミスマッチです。このようなミスマッチが起こらないようにするためにも、管理部門職種に転職を考えている人は、転職エージェント『Spring転職エージェント』にまずは相談してみてはいかがでしょうか。

 

管理部門の求人に強い『Spring転職エージェント』だからこそ、注意点も含めて有効なアドバイスを期待することができるはずです。

経理・人事・法務・総務などの管理部門への転職|Spring転職エージェントの評判と口コミ関連ページ

外資系・グローバル求人を探す
女性の転職に強い

このページの先頭へ戻る