求人紹介の3パターン【Spring転職エージェント】

お願いしていた求人紹介の連絡が来た時は、色んな意味で心臓がドキッとしてしまうものです。果たして自分の希望するような仕事が見つかったのか、それとも今回はダメだったのか。転職エージェントからの返事は主に3つに分ける事ができます。

 

 

希望に沿った求人はなかった

求人はなかったという連絡まずはその1として、紹介出来るような希望に沿った求人はなかったという連絡がくる場合です。なぜ希望に沿うような求人がないのかと言えばいくつか原因が挙げられます。『Spring転職エージェント』の立場になってみればわかるかもしれませんが、指定された条件の幅が広ければ広いほど、その条件に当てはまる求人は多いので見つけやすくなります。

 

逆に条件が狭いほど当然見つけにくくなります。希望通りに見つからないのは、自分が望んでいる条件と世間が欲しがっている人材にズレがあると言うことです。自分が『Spring転職エージェント』にお願いした条件をもう一度見直してみて下さい。少し提示する条件の幅が狭すぎたりしませんでしたか?あまりにも特化した条件などにこだわっていたりすると、なかなか求人にありつけない事になりかねません。ですのでなるべく条件の幅を広げてお願いするか、どうしても無理な場合は、自分が希望する分野のスキルをもっと磨いて、人よりも上に出れる才能を身につけて自分をアピールする必要があるのです。

 

それにもうひとつの原因としては、時期が関係していることも考えられます。求人は職種によっては大きく動く時期とあまり動きがない時期があります。一般的なサラリーマンなんかの場合でも、春や秋に異動や退職などが多いものです。ですので再度時期を見直してチャレンジすれば、希望に沿った求人を紹介して貰える可能性はあります。

 

 

希望とは違っている

次にその2として、紹介された求人はあるにはあるが、希望とは違っていると言う場合です。

 

せっかく求人の連絡を貰っても、自分の希望と違っていては意味がありませんよね。こうした場合は何も無理に受けるのではなく、断っていいのです。でもここで大切なことは、なぜ自分が望む条件とは違った求人が紹介されることになったのかと言うことです。その原因をしっかりと分かっておかなければ、これから先またしても同じことが起こる可能性があります。自分の希望が『Spring転職エージェント』にしっかりと伝わっていなかったのかも知れません。もしくは、担当のエージェントが何か勘違いをして条件の把握をしてしまっているのかも知れません。いずれにしてももう一度きちんと、互いに条件の確認をする必要があります。

 

ですので今回の求人を断る際には、何故断るのかその理由をハッキリと明確にエージェントに伝えましょう。自分はこういう希望だったのに、この求人はこういう所が条件とは全然違ったのは何故かと聞いてみて下さい。するとエージェント側も、互いの意思疎通がちゃんとできていなかったことを理解するでしょう。言いづらいからといった理由などでうやむやに断ってしまっては、エージェント側も今後の対応に困ってしまいます。自分の望む求人をなかなか紹介してくれないなど、不満ばかり募らせてもいい方向には進みません。

 

転職するのは自分なのです。自分の希望を相手に確実にわかって貰える様に、待ってばかりではなく、自分も積極的に情報を伝えることが大切です。

 

 

希望通りの求人の紹介があった

最後にその3として、希望通りの求人の紹介があったと言う場合です。もうこれは文句なしに、すぐにでも応募をしないといけません。やっと見つかった!と言う安堵感でいっぱいかも知れませんが、なるべく早く応募をしないと、気がつけば求人を締め切っていたという可能性もあるからです。

 

人気の高い求人である場合は時間が勝負となってしまうので、一刻も早い決断を迫られます。紹介された求人に疑問点などがあれば、遠慮なく『Spring転職エージェント』のエージェントに聞いてみましょう。様々な企業の情報をたくさん持っていますので、詳しく教えてくれるでしょう。万が一エージェントがハッキリとは分からない場合でも、その企業の担当者が説明してくれることもあります。

求人情報・案件の紹介|Spring転職エージェントの評判と口コミ関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
書類選考
面接〜準備から面接後まで〜
内定後の行動

このページの先頭へ戻る