企業との面接でのポイント 【Spring転職エージェント】

『Spring転職エージェント』で応募する求人が決まりましたら、まずは書類を提出し、そして無事に書類選考をパスすると、いよいよ面接となりますが、面接時に注意するべきポイントがあります。

 

面接には、
面接日程の調整→面接における準備→面接→面接終了後
といった流れがあり、この4つのポイントを抑えておくことが必要です。

 

複数の面接候補日を

書類が通り、いよいよ『Spring転職エージェント』と面接について相談する際には、忙しいかも知れませんが、なるべく候補日を複数用意して、エージェントに調節してもらいましょう。現在働いている方にとっては、時間をとることは厳しいでしょうが、それでも有力候補の企業の場合には、候補日を複数用意して、スムーズに面接日を決められた方が、企業側にも好印象になるでしょう。

 

 

面接が決まったら対策を

無事に面接日も決まりましたら、『Spring転職エージェント』をフルに活用し、面接の対策をしておきましょう。

 

『Spring転職エージェント』は、いわば転職のプロなので、面接時における有益なアドイスを得られるのはもちろん、面接内容や人事担当の方についても把握しているので、積極的に相談してみましょう。また、相談の際には疑問点や気になる事などを正直に聞くのが大切です。

 

そして、当然ですが面接に遅刻をするといった事にはならないように、事前に面接の会場のアクセス方法の確認をすることも大事です。バスの遅れや渋滞などの不測の事態も考慮して、数パターンの交通手段を考えておくのもいいかも知れません。

 

インターネットや情報誌、求人票などを使って、できる限り企業の下調べをしておくのも大事です。面接当日に忘れ物がないように、事前に持ち物もきちんとチェックしておくなど、準備をしっかりとして、大切な面接に備えて下さい。

 

 

 

面接当日について

面接当日を迎えました。面接には、『Spring転職エージェント』のアドバイザーが同席する場合がありますし、応募者が一人で面接に臨む場合もあります。

 

転職エージェントのスタッフが面接に同席することに、不安や疑問を抱く方もいらっしゃるようです。転職エージェントが面接に同席する理由は以下のようなことによります。

 

・相手先企業が面接に慣れていないので、転職エージェントにも同席を依頼している場合。
・面接についてのノウハウやアドバイスを得るために転職エージェントが同席を選ぶ場合。
・応募者の方のフォローのために同席をする場合。

 

転職エージェントの同席を気にする応募者の方もいらっしゃるようですが、面接の結果には影響はありませんので、心配されることはありません。

 

相手先企業は応募者の方を面接するのですから、後悔のないような応対を心がけてください。相手先企業は、転職エージェントより応募者の方の経歴や条件の情報をある程度入手しています。面接において、自分を無理に良くみせようとするのは禁物です。また、控え目になりすぎることもありません。いつものように振る舞うことが自然体で好まれます。どうしても内定をとりたいという思いが前に出すぎて、自分の実力以上のことをアピールしてしまう人もいるかもしれません。そのような場合には、相手先企業は、不自然な応対を見抜くのではないでしょうか。また、もし面接はうまく切り抜けて、入社に至ったとしても、現実とのギャップに困惑してかえって自分が苦しい思いをすることになるでしょう。入社後にミスマッチに気付くような悲劇を避けるためにも、面接では普段通りに正直に応対するのがベストではないでしょうか。

 

相手先企業も、応募者からは、いい印象を持ってもらいたいと思っています。面接では、マイナスな面は隠して、プラスな面ばかりを強調する企業もあるでしょう。面接は緊張するものですが、相手先企業の面接官の話を冷静に聴くようにしましょう。もしかしたら、ちょっと誇張しすぎているような表現をすることに気がつくかもしれません。自分に合う企業かどうかを判断するために、相手の話を客観的に判断できるくらいの冷静さがあるといいでしょう。

 

転職エージェントは相手先企業の情報をある程度把握しています。疑問な点、もっと詳しく聞いてみたい点などは転職エージェントに遠慮せずに問い合わせてみましょう。自分が納得いくまで情報を入手することが大切です。そして、面接を受けた企業が自分に合うかどうかを判断することになります。

 

面接が済んでから

相手先企業での面接を終えたら、面接の感触を『Spring転職エージェント』に報告しましょう。もしも、面接の感触が良く、入社を前向きに考えているのなら、その旨をエージェントに伝えておきましょう。なるべく早いうちに転職エージェントから、相手先企業に伝えておくことで、相手先にも好印象を持ってもらえるでしょう。それは、相手先企業も、応募者にどう思われているかにとても関心があるからです。応募者からいい印象を持ってもらえたことを知ると、企業サイドは応募者に対して好印象を持つ傾向がしばしばみられます。

 

良い印象を持ってもらえた、ということが企業にとっては応募者の評価を上げるポイントとなることもよく聞きます。企業と応募者の関係は、まるで恋愛のような感じでしょうか。好印象を持たれれば、相手に対して印象は良くなりますし、悪い印象を持たれれば、やはりあまりいい印象は持たないものです。相手先企業の面接官も人間ですから、相性というものはあるのです。面接の感触がよく、前向きに考えたい場合には、その旨を早く伝えて転職活動を進めていきましょう。

 

もしも、面接の感触が良くなかった場合は、やはり正直に『Spring転職エージェント』のエージェントに伝えることが大切です。遠慮することはありません。転職エージェントは、面接の報告を受けることにより、今後の転職活動をより効率的に進めていきます。もしも、面接の後、応募を辞退したいと思った場合も、正直にエージェントに伝えましょう。この場合も遠慮することはありません。その際は、なぜ辞退したいのかの理由を伝えると、今後のマッチングの精度を上げることができるでしょう。

面接の準備と本番の注意点|Spring転職エージェントの評判と口コミ関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
求人情報・案件の紹介
書類選考
内定後の行動

このページの先頭へ戻る